生まれ来る全ての命を尊重し
ありたい生活を支える

宮城県医療的ケア児等相談支援センター「ちるふぁ」は
医療的ケア(人工呼吸器・経管栄養・吸引など)があるお子さんやご家族
そして関係者の方々等、誰でも気軽に相談ができる支援センターです

退院前から退院後まで、安心して地域生活が営めるよう
電話での相談はもちろん、県内各地域に直接伺い、相談もお受けいたします
「こんなこと聞いていいのかな?」という事でも遠慮なくご相談ください

又、これから医療的ケアのあるお子さんの支援を考えていらっしゃる
関係者の皆様のご相談もお受けいたします
その地域に合わせた支援を共に考えていきましょう

私たちは、お子さんとご家族、そして関係者皆さんの
「笑顔を紡いでいく」
そんな相談支援センターを目指します

私たちが「たいせつ」にしたいこと

1「やってみたい」を支えます
2「つながり」を作ります
3「しりたい」に応えます


ちるふぁは「動く相談室」です
3つの「たいせつ」を届ける為
県内どこへでも伺います

例えばどんな相談ができるの?

ちるふぁ

例えばこんなご相談があります
もちろんご相談はなんでも大丈夫です

もうすぐ退院なんだけれど、おうちに帰る時に
どんな準備が必要なの?

地域にどんな相談ができる人がいるのかな

きょうだいのことが心配。
きょうだいのことを相談したい

そろそろお友達の中で育てたいな。療育の施設や保育所、学校ってどうやって行くの?

地域の支援者で医療的ケア児者のことについて勉強会がしたいな

医療的ケアのあるお子さんの支援をしたいけれど、何から取り組めばいいんだろう?

おうちでの姿勢とか栄養管理とか、相談できる?

ちるふぁ

医療・保健・福祉(保育所など)・教育・労働などの
関係機関と連携をしながら
チームで課題解決に向けて取り組みます

MAP

〒981-3213
宮城県仙台市泉区南中山3丁目19-12
仙台市営バス南中山小学校入口停留所より徒歩3分

開所時間:月〜金(土日祝日休み)8:30〜17:30
敷地内駐車場4台まで(職員共有)

facebook

宮城県医療的ケア児等相談支援センターちるふぁ のカバー画像
164
宮城県医療的ケア児等相談支援センターちるふぁ

宮城県医療的ケア児等相談支援センターちるふぁ

宮城県医療的ケア児等相談支援センターの活動などを発信します

当センターで1番インドアな太田が、熊本県と福岡県の医療的ケア児支援センターに視察研修に行ってきました。実は、九州初上陸です。 熊本県は、2016年から小児在宅医療支援センターとして開所しており、丁寧な個別支援を積み重ね、2022年よりセンターとして活動を行っております。本県よりも5年先行して取り組まれていることから、県内でも周知が広がっており非常に多岐にわたる相談に対応されていらっしゃいました。 特に医療的ケア児が地域で暮らしていくために必要な市町村における4課協議(母子保健、保育、教育、障害福祉)を積極的に取り組んでいるのがとても参考になりました。 福岡県は、療育センターの強みである、短期入所のノウハウを全域に提供できるような今後の取り組みや、小児慢性特定疾病児童等自立支援事業の自立支援員さんとの繋がりなど、非常に多くの学びがありました。 小児等在宅医療推進事業による地域の拠点整備などから医療の方との連携など、我々が今後繋がりを作っていくためのヒントを頂けたと思います。さらに、地域の特別支援学級など単独で活躍されている看護師さん向けの「学びと育ちを支える看護師の会」の実践なども、我々の課題意識と共通する部分の実践も伺うことができました。 今回の視察研修を通して、それぞれのセンターの強み、ネットワークを最大限活かして活動されていることを学びました。そして何より、みなさんから熱い想いをたくさんお聞かせいただき、もっと自分にもできること、やらなければならないことを再確認し、元気をたくさんいただきました。 大変お忙しい中、丁寧にご対応いただき本当にありがとうございました。 ... もっと見る表示を減らす
View on Facebook
あっという間に、今年も1か月が過ぎました。1月は、元旦に大きな震災が能登半島でありました。本当に辛く悲しい事でした。 亡くなられた方々へ哀悼の意を表すると共に、未だ困難の中にいらっしゃる被災地の皆様にお見舞いを申し上げます。1月5日よりいしかわ医療的ケア児支援センターさんと連絡を取り合い、たくさんの医療的ケアがあるお子さんの命が、しっかりと守られている事を知りホッとしたところです。石川県は毎年5月に、実数調査をされていて、子ども達の人数などを平成元年から毎年確認をされていたそうです。このような地道な取り組みが、大きな震災の中でも、医療的ケア児さん達の命を守る動きに繋がったのだと思いました。日頃から子ども達や大人になった医療的ケアが必要な方々の事を市町村レベルで把握する事の重要性を感じました。今日は第二回医療的ケア児者支援基幹相談支援センター連絡会を実施しました。気仙沼市と多賀城市の事例を基幹相談支援センターや医療的ケア児等コーディネーターさんに発表していただきました。他の基幹相談支援センターの皆さんから活発なご質問や感想などを頂き、あっという間の時間でした。宮城県は、基幹相談支援センター設置率85%と高く、未設置でも委託相談支援事業所と行政の方々にご参加頂き、県内の好事例の横展開やスーパーバイズシステムの構築を目指しています。来年度は新しいプロジェクトも予定しています。医療的ケア児と家族が安心して帰る事ができ、「おかえり、待っていたよ」と言える地域創りを、今日お集まり頂いた皆さんと共に目指していこうと思います。改めて今年もよろしくお願いします。 ... もっと見る表示を減らす
View on Facebook
2023年もあと少しで終わりですね。今年も1年間大変お世話になりました。皆さまに、暖かく支えて頂いた一年になりました。県内全ての市町村の支援者の皆さまとの出会い、宮城県の素敵なところをたくさん見て聞いて実感して!医療的ケア児とその家族にとって何が必要なのか、たくさんの仲間ができ共に考えることができた1年でした。大掃除も終わり、スッキリと新年が迎えられそうです。12月29日から1月3日までは、お休みを頂いております。2024年は1月4日から又元気にちるふぁ新年をスタートさせたいと思います!皆さまどうか良いお年をお迎えください! ... もっと見る表示を減らす
View on Facebook
令和5年度ほっこり✖️ちるふぁ研修第三回「学校教育の事教えて!!」宮城教育大学 教職大学院教授 菅井裕行先生のお話が始まりました。目から鱗のお話が、たくさん教えていただいております。教育ってなかなか繋がりにくい。。。そう思われる福祉や医療の方々との橋渡しとなる学びです!混沌とした中で、精一杯生きているこどもの思いを知りたいと思う人、自分と同じだよねと考えられる人。そういう人がこどもの周りにどれだけいるか?という事がこども育ちを支える。人としての学びはちょっと先に「楽しい事が待っている」と思えるコミュニケーションを学びの中で支える。「この子の生きる力は学校だ!!」「医療的ケアは分かち合い」 たくさんの金言と共に、教育の素晴らしさを学べます! ... もっと見る表示を減らす
View on Facebook

instagram

その他情報